世界の魚を観賞できる円形水族館「天草わくわく海中水族館シードナツ」

旅行ブログ・レジャーブログ
スポンサーリンク

熊本県上天草市にある「わくわく海中水族館シードーナツ」(公式HP)に行って来ました。

当日はとても天気が良く快晴日和で海がとても綺麗に見えました。

熊本市内からレンタカーで1時間30分程で到着する事ができる場所にありました。

海中水族館に入るには入場料金、大人1300円、小学生・中学生800円かかります。また館内で行われているイルカプログラムについては別料金となりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

【わくわく海中水族館シードーナツ】

呼んで字のごとく海中に水族館があるようなイメージのようです。

また円形で出来ている事からネーミングが「ドーナツ」と名付けられているのだろうと思います。

こちらの受付で入園料を支払い入る事にします。

春休みだったのですが、時間が遅いからなのか閑散としていました。

海上自衛隊「PS-1型航空機」が展示されています。

なぜこの地にこの航空機が展示されているのかは不明です。

チケット売り場から海中水族館までの道中に水槽がありたくさんの魚達が泳いでいました。

目的の「海中水族館シードーナツ」

チケット売り場から奥地までさらに進んでいきます。

利用されているのかどうかは不明ですが、当日は運行されていませんでした。

HP情報によると「送迎車」と称し、シードーナツチケット売り場横→水族館入り口桟橋前を運行しているようです。一回100円の利用料がかかります。

この橋を渡るといよいよ、海中水族館入口に辿り着きます。

チケット売り場からかれこれ10分弱歩いてきたような気がします。

橋の上からみえるビーチ?無造作に船などが置かれています。

チケット売り場から海沿いを歩いてきた距離感がつかめると思います。

「海中水族館シードーナツ」の全体詳細案内図

「タッチングプール」

ヤドカリ、ヒドデ、メジナなどが水槽の中にいて触ることができます。

我が家の子供達は、全く触ろうとはしませんでした。

海中水族館に行きたいのですが入口が分かりません。これが海中水族館?

とりあえず階段を下りてみました。なんかイメージが違うというか海中水族館ではないような・・・

【海中水族館】

一端、階段を上り入口を探していると、「海中水族館」への入口を発見しました!!

ちょっと分かりづらいような気もしましたが。。。

扉を開けると階段が続いているので降りて行きます。

階段を降りてくると南米をイメージした作りになっており南米に生息している魚たちが泳いでいるようです。

魚の名前は分かりませんが、南米に生息している魚なのだと思います。

こちらにはピラニアがいました。

「アメリカカブトガニ」メキシコ湾を含む、北大西洋沿岸に分布していて日本のカブトガニに比べると胴体が大きいのだそうです。

こちらは「ハワイのおさかなたち」ハワイというと熱帯魚みたいな色鮮やかな魚をイメージしていましたが、そうではないのですね。

「シクリッド」少し気の荒いお魚なのだそうです。

綺麗な魚がいました。

オーストラリアホテル北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯を再現し約1000匹の魚が泳いでいるようです。

「ソウシハギ」ふぐ毒の約70倍の毒をもつ魚です。

もちろんですが、食べてしまうと最悪の場合死に至ります。

地元のテレビで紹介されたようです。

からだがスケスケ~!セクシーなおさかなとネーミングされている「トランスルーセント・グラス・キャットフィッシュ」半透明ななまずという意味があるそうです。

100匹のニモ水槽

ドリーもいます。←ナンヨウハギ(自然界では藻類も食べる為キャベツなどを与えると食べるそうです)

海中水族館から実際に海で泳いでいる魚を見る事が出来るように小窓が各所にあります。

ゆらゆらチンアナゴ流れてくる小さなプランクトンを食べている為、水が流れてくる方を向いていることが多いとのことです。

「海中水族館シードーナツ」から遊覧船に乗船することができます。

天草五橋の4つの橋を30~40分かけて巡る遊覧船です。

海中水族館には展望台があり、双眼鏡もあります。写真には写っていませんが、海中水族館の周りにはたくさんの島々があり見応えがあると思います。

九州の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】

0

コメント