北海道旅行美瑛町 5月下旬曇り空の「青い池」の色は?

旅行ブログ・レジャーブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年5月下旬北海道美瑛町にある「青い池」にレンタカーで行って来ました。

美瑛と言えばラベンダー畑もしくは青い池と言われる観光スポットらしいので時期によってはかなりの混雑が予想されます。

当日は、太陽が今一つ出ていなかった影響で、「青い池」らしいブルーには見えませんでした(写真で確認してください)しかし天気が良く陽射しが入るともっとブルーがかった色になるのではないかなぁと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


【青い池駐車場】

砂利道ですが広い駐車場があり無料で利用することができます。

ちなみに観光バスは写真奥側に止まるようです。

駐車場の所に「青い池」の説明(青い池ができた理由、青い池の水が青い理由)看板があります。

駐車場から「青い池」は近い距離にあります。

駐車場から砂利道を歩いていくと、左側の立て看板に駐車場での貴重品、バックなどの盗難が多い為の注意喚起がなされていました

【青い池】

砂利道を進んでいくと右手に階段があるのでこちらを下りて行きます。

特に順路は決まっていないようですが、この階段を下りて右手に「青池」を見ながら進み駐車場に戻るときには、少し高台にある道を進んで戻るようなイメージの方がすれ違いによる接触がなくていいと思いました。

階段を下りると右手に「青い池」が見えてきました。しばらく散策道を進んでいきます。

木々の間から、池が見えてきました。

自然物なので仕方がないのですが結構ゴミ?らしきものが浮遊しています。

この部分だと少し色がついているような感じがします。

途中、写真を撮りながら散策道を進んでいきます。

黄色いお花が咲いています。

散策道に入ってしばらく真っすぐ進むと角地にぶつかりり、90℃右に曲がっています。

この付近の角地が写真スポットにはちょうどいいようです。

右側と左側のちょうど中心になるようで両方の青池を見れるそうです。

青池は美瑛川につながっています。

5月下旬の十勝岳にはまだ雪が残っています。

美瑛川の下流をみるとこのような景色になっています。

駐車場に戻るときは、先ほどの散策道ではなく一段上がった場所に広い砂利道があるのでこちらを通って駐車場に戻った方が良さそうです。

※今回の紹介はYouTubeチャンネルでも紹介をしておりますので、ぜひご覧ください※

北海道 美瑛 青い池

【まとめ】

有名な観光地として知られる「青い池」

季節にもよるとは思いますが、5月下旬でもたくさんの観光客が訪問してきていました。

駐車場はとても広くかなりの乗用車を止める事が可能でした。

当日は生憎の曇り空ということもあり、はっきりとしたブルー色の(ネーミング通り)色は望むことはできませんでしたが、太陽が出ている晴れ空の時には多分期待できるのではないかなぁと思いました。

北海道の格安レンタカー予約はスカイレンタカー

コメント