ディズニーと天然温泉が楽しめる「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」に宿泊

ホテル宿泊記の口コミ

2020年、妻の誕生日のお祝いに「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」に宿泊してきました。

本来であれば去年に続き「シェラトングランデトーキョーベイ(宿泊記)」に宿泊する予定で夏過ぎからマリオットポイントを使い予約をしていのですが急遽このマリオットポイントを使いANAマイルに移行しなければならない状況が発生してしまったので残念ではあったのですが諦める事にしました。

そこで兼ねてから狙っていたホテルとして「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」を予約してみました。

【予約した部屋タイプ:新館DXバルコニー(2~4名) 36平米】
宿泊合計料金:51、600円朝食付き(消費税込)
<GoToトラベル>最大35%OFFクーポン:20、640円
楽天ポイント:1400円
差引支払金額:29、560円(消費税込)
地域共通クーポン:8、000円
実質合計金額:21、560円

【アクセス】

《電車を利用の場合》
JR京葉線・舞浜駅下車
JR舞浜駅南口⇔ユーラシアの間を無料送迎バスが毎日運行されています。
JR舞浜駅南口 ホテルバス停『C-3』乗り場よりシャトルバスで5分。
※バス停などの標識は立っていない為注意が必要
無料送迎バス時刻表

《車を利用の場合》
◇都心方面から首都高湾岸線を利用し(約20分)「浦安ランプ」下車後、約6分

駐車場代
【温泉・スパのみ利用の場合】
1台あたり、6時間まで無料、6時間を超えた場合30分ごと150円を追加料金が発生
◆利用可能時間はAM11:00~翌日AM9:00まで◆

【ホテル宿泊の場合】
1泊1台2,000円(税込)
◆駐車可能時間はチェックイン日AM11:00~チェックアウト日AM12:00まで◆
上記時間外の駐車はできません。

スポンサーリンク

【スパ&ホテル舞浜ユーラシア】

「スパ&ホテルユーラシア(舞浜)」の大きな看板が見えて来るのでこの入口から入ります。

駐車場は第1から第3まであり平面駐車場が空いていたのでこちらに止めます。

ホテル玄関前からは(舞浜駅南口&浦安駅方面&新浦安駅行き)の無料送迎バスが出ています。

ホテルの玄関を入ると正面に大きな案内板があり「フロントは3階です。」の文字が見えるので正面にあるエスカレーターを使い3階まで上がります。(近くにエレベーターもありました。)

エスカレーターで本館3階に上がると入口に大きな花があり印象的でとても綺麗です。

チェックインする前(入館)はマスク着用に合わせて検温とアルコール消毒をしなわなければなりません。

15時30分頃に到着するとチェックインの行列が出来ていました。(本館3階)

足元にはソーシャルディスタンスを確保する為、マーキングがされおり、2レーンに別れて並ぶようになっていました。

左側のレーンが「日帰り入浴・売店精算」専用レーン、右側のレーンが「宿泊者」専用レーンです。

待つこと約30分程でチェックインが終わりました。

カードキーは2枚渡されたのですが、人数分(4人)欲しいとリクエストしたところ、紛失した場合3000円の紛失料が発生しますとのことでしたが4人分欲しかったので追加で2枚発行して頂きました。

今回の部屋は新館6階(DXバルコニー)になりプランの中に朝食が含まれていたので朝食券も頂きました。(本館3階「オアシス」)

GoToトラベル地域共通クーポン(8000円分)を頂きました。

クーポンを発券する為には、事前に楽天トラベルから案内があったQRコードを入手しておく必要があり、フロントでそのQRコードをスキャナで読み取って頂くことでクーポンが発券できました。

「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」の建物は本館(10階)、新館(10階)で建築されています。

案内図を見て分かる通り本館と新館を結ぶ連絡通路は3階のみとなってしまう為、新館から本館へアクセスする為には一旦3階まで下がる必要があり、その後大浴場やレストランに行くルートになります。

本館の客室(7階~9階)から直接大浴場やレストランに行けるかというと、新館同様一旦3階まで下りることになり改めて別のエレベーターを使用し4階(大浴場)、5階(レストラン)に行く事になります。(少し複雑な構造になっているようです)

部屋の中でも無料WiーFiが利用できます。

◆宿泊する前にHPなどで検索を行いましたが部屋で利用できるかどうかの情報が全くなく今回実際に宿泊してみて対応可能だった事が分かりました。

無事にチェックインが完了したので新館へ向かいます。(新館へは右側の通路から行きます)

正面に見えるエレベーターは本館のエレベーターとなり7階~9階の客室へ行く事ができます。
注意:このエレベーターからは大浴場(4階)、レストラン(5階)へは行けません。

※「展望テラス」へ向かうエレベーターは右側のみですので注意が必要です。

新館へ入るにはチェックインの時に頂いたルームキーをタッチしないと自動ドアは開きません。

新館入口自動ドアの横に、自動販売機(アイスクリーム&ドリンク各種)がありました。

喫煙室も整備されています。

新館3階のエレベーターホール

エレベーター内においてもソーシャルディスタンスを取るように注意喚起用の案内板がありました。(アルコール消毒も常備されていて安心です)

新館の建物はこのような配置になっています。

★参考までに6001~6007の部屋側がパーク側となります。

新館6階にも自動販売機がありさらに製氷機もありました。

新館には写真の階数にのみ「自動販売機&製氷機など」が設置されていますので、客室の階数によってはエレベーターで移動しなければならないことになります。

【新館DXバルコニー(36平米)】

今回の部屋6004号室「DXバルコニー」

部屋の内側から写真を撮りました。

部屋に入ると電源を供給する為に、ルームカードキーを差し込みます。

通常はツインルームなのですが、今回家族4人ということで簡易ベットを追加で入れて頂きました。

部屋の広さが36平米あるので4台ベットが入っていても窮屈さは全く感じません。

バルコニー側から写真を撮ってみました。

各ベットの上にルームウェアが置いてあり、全てフリーサイズとのこと。

もしサイズが合わなかった場合は、本館3階の大浴場入口で変更することも可能です。

部屋の照明スイッチ類はこちらで操作できます。

電源コンセントの場所を確認してみるとこちらに2口

液晶テレビ(シャープAQUOS)、電話、ティシュケース

電源コンセント:電話の横に2口

◆思った以上にコンセントの数が少ないように感じました。もし必要であれば延長コードやマルチコンセントを持参して来た方が良いかもしれません◆

テーブルの下の扉を開けると「冷蔵庫、煎茶ティーパック・Blendyドリップパック・クリープ・砂糖・マドラー、コップ、電気ポット」がありました。

冷蔵庫を開けてみると500mlの水(無料)とアイスペールが入っていました。

ミネラルウォーターを頂けたのはありがたかったです。

ウォシュレット付き洋式トイレ

洗面台とドライヤーと各種アメニティ(レディセット・髭剃り・くし・歯ブラシセット)

洗面台下にあるフェイスタオル、バスタオル類は、部屋風呂を利用する場合に限り使用し、本館4階の大浴場を利用する場合は、大浴場受付(4階)でフェイスタオル・バスタオルを貸し出して頂きます。

※部屋にあるタオル類を持ち出して大浴場に行く事はしなくても大丈夫です。

今回予約したDXバルコニーでは、客室の浴槽にも温泉が供給されており部屋でも温泉を楽しむ事ができます。

本来であれば部屋の浴槽で温泉を楽しむべきだったのかもしれませんが、やはり大浴場でお風呂に入りたかったのでこちらの浴室は利用しませんでした。

押し入れの引き戸を開けると「消臭スプレー、セーフティボックス、ハンガー8本」がありました。

反対側の引き戸を開けるとスリッパ(大人用4人分、子供用2人分)がありました。

バルコニーに出てみると横幅が広くとても開放感がありました。

夕方、バルコニーに出てみると陽が沈むところで、タワーオブテラーと夕陽のコラボで写真を撮ってみました。

バルコニーからは東京ディズニーリゾートが見渡せ、都心のビル群、スカイツリーも見ることができます。

【本館10階 展望テラス(デッキ)】

本館3階のツインエレベーターの右側に乗ると10階の展望テラス(デッキ)に行く事ができます。

※左側に乗ると9階までしか行けないので10階へ行く事は出来ません。

本館10階に着くと前方に開けた景色が見えてきます。

外に出ると東京ディズニーリゾートが一望でき、天気が良かったので富士山まで見ることができました。(プロメテウス火山の左横に小さいですが富士山が見えます)

ウッドデッキにはベンチもいくつかあるので、天気が良く気候が良ければベンチに座り景色を眺めるのも良いかもしれません。

ウッドデッキの反対方面はガラッと雰囲気が変わり緑に囲まれたエリアとなり奥に行くと行き止まりになっていました。

【本館4階 天然温泉大浴場・露天風呂】

【本館5階 レストラン(オーキッド)】

本館5階にあるレストラン「オーキッド」で夕食を食べる事にしました。

少し混雑はしていましたが、直ぐに案内して頂けました。

レストラン「オーキッド」では、本格的なワインセラーに常時約300本のワインが揃えられているそうです。

安価なボトルワインとして1600円(1760円税込み)で提供してくれますのでリーズナブルな価格で飲酒できます。

レストラン「オーキッド」店内の様子

イタリアンクラシックジェラートを450円(シングル)~680円(ダブル)の価格で頂くことができるようです。

テーブルに案内されると、全員にマスク入れとして「マスクケース」を頂きました。

こちらのレストランではドリンクバーがありいろんなドリンクを提供してくれ、さらにスープバーもあり何を飲むか悩みました。

食後にコーヒーを飲みましたが、紅茶のティパックもありました。

フライドポテト1皿(490円)

子供達が好きなので今回はフライドポテトを2皿注文してみましたが、あっという間になくなってしまいました。

カシスビア「カシスリキュール+ビール」(770円)

特製彩りばらちらし(香の物・味噌汁)1650円

練りごまたっぷり担々麺(980円)+ミニネギチャシュー丼(500円)

中華そば(850円)

七穀ざるうどん(冷)680円

写真は蕎麦のような麺の色をしていますが、食感はうどんでした。

注文の時にスタッフの方から麺の色は蕎麦色で提供されるものの、ちゃんとしたうどんですのでと丁寧に説明をして頂きました。(うどんを注文したのに麺を見ただけで間違って持ってきたと勘違いされるのだそうです)

【本館3階 売店】

朝早くから夜遅くまで営業している売店(AM5:00~AM2:00)

店内では「お土産・食品・衣料品・日用品」などを販売されています。

20時頃に写真を撮りましたがこの時間でも「おにぎり」などがたくさんあったので場合によってはこちらの売店で購入するのも良いかもしれませんね。(近くにコンビニはありません)

但し、東京ディズニーリゾートが閉園後(近く)宿泊者が戻ってくると直ぐになくなる可能性はあるかもしれません。

ドリンク類もバラエティーに富んでいて嬉しいです。アルコール類もありました。

カップ麺系もたくさんあるので嬉しい限りです。

サンドイッチも販売されていました。

売店の片隅に電子レンジがありました。(ちょっと分かりずらい所にあるなぁと思いました)

我が家はこちらでアイスクリームを購入し部屋で食べました。

清算は売店で行うのではなく、隣接しているフロントで行うことになります。

宿泊者のチェックインレーンとは別のレーンに並ぶのですが、「日帰り入浴」のお客さんや宅急便申し込みなどのお客さん対応中だったこともあり、少しだけ待つことになってしまいました。

アイスクリームがあったので心の中では早く~と叫んでいました。

支払いは、ルームカードキーで部屋付けも可能です。

その際は写真真ん中に写っている白い四角い装置にルームカードキーをタッチすると精算されます。

【朝食バイキング「オアシス」】

※今回の紹介はYouTubeチャンネルでも紹介をしておりますので、ぜひご覧ください※

東京ディズニーリゾート近くの天然温泉施設【スパ&ホテル舞浜ユーラシア】宿泊

【まとめ】

東京ディズニーリゾート近くの温泉宿泊施設ということもあるのか、宿泊当日(土曜日)大変混みあっており、チェックイン/チェックアウトに時間を要す形となりました。当日フロント近くを歩く度にチェックインする行列が出来ていたようなのでいつもこのようなルーティンなのかと思いました。東京ディズニーリゾートで遊んできた後、さらにチェックインで待たされるとしたら結構きついかもしれませんね。

翌日の朝食バイキング(本館3階 オアシス)についても、やはり混雑が出来ておりレストランに入るまでに20分程待たされることになり結果、チェックアウト時間ぎりぎりとなってしまいました。

温泉は、思った以上に混雑することはなく内風呂、露天風呂を満喫することができました。浴槽の種類も豊富で内風呂に入ったり、露天風呂に入ったりと行き来しゆっくりと過ごす事ができました。温泉は茶褐色で塩分を含んだ泉質で、こんなお風呂が都心近くで楽しめるのだと思うと不思議な感覚でした。

時期にもよるのかもしれませんが夜になるとホテル前の道路を暴走族(バイク5台、車2台)が行ったり来たりしていてエンジンの爆音が深夜1時ぐらいまで鳴り響いていました。

0