高速バスで行く石和温泉郷 純日本庭園がある「ホテル石風」に宿泊

ホテル宿泊記の口コミ
スポンサーリンク

普段とは違う交通手段として今回は新宿から高速バスを使って「ホテル石風」に行ってみました。

5歳の男の子は乗り物が好きなので高速バスに乗れることが一番の楽しみの様子です。本来であればJR特急を使って行きたい所でしたが、金額が割高ということもあり高速バスに決定しました。石和温泉では「ホテル 石風」に宿泊します。

【アクセス】
車の場合:中央自動車道「一宮御坂IC」で降り、国道20号線(甲府方面)へ。石和橋西の交差点を右折。石和温泉駅入口交差点を直進し、100メートル先(左側に清月)を右折。(信号はありません)モンデ酒造を通り過ぎ、点滅信号を直進すると右手に「ホテル石風」が見えます。

バスの場合:新宿から来たバス停から(黄色線)の矢印に沿って行くと分かりやすいと思います。(交差点で横断した方が安全)新宿へ戻る場合は、オレンジの線に沿ってバス停に向かうと少し近道になると思います。

電車の場合:JR中央本線・JR石和温泉駅下車(無料送迎バスあり)

 

スポンサーリンク

【高速バス】

新宿でお昼ご飯を食べて中央高速バスのりばにやってきました。

※2016年4月よりバスタ新宿に移転しています。

13時30分発の「甲府駅行き」バスに乗ります。

のりばは26番乗り場になります。

26番バス乗り場は、ターミナルバス乗り場から一端外に出て、50m程歩かなければなりません。手荷物があった場合、雨の日だとちょっと大変かもしれません。

明治安田生命の前に26番バス乗り場はあります(臨時バス乗り場)

13時30分発の運行会社は「富士急行バス」での運行となります。

「甲府駅行き」のバスに乗ります。

座席の様子。茶色ベースの座席。後部にはトイレも完備されています。

シックな色合いをしていてカッコいいと思います。

予約の時にインターネットで運転席の後ろを確保できたので子供達は前方が見れて満足のようです。

石和経由甲府駅行きの案内表示

石和バス停に到着した富士急行バス。

新宿から1時間40分ぐらいで到着しました。

これから今回宿泊するホテルまで徒歩で向かいます。

【ホテル石風】

10分程歩いて今回泊まるを見つけることが出来ました。

「ホテル石風」玄関前の様子

過去に2回ほど車でも来たことがあります。

玄関を入ると正面にフロントがあります。

お土産売り場

チェックインを終えて、このエレベーターを使って3階の部屋に向かいます。

エレベーター内に館内の案内板があります。

エレベーターを降りると左側に見えてきます。

3階、廊下の様子

【和室】

こちらが今回泊まる部屋(311号室)

入口には行灯が飾られていて雰囲気があります。

お茶菓子とお茶

座椅子には座布団があり、ふかふかで座ることができます。

畳も綺麗で部屋が広くゆっくりできそうです。

椅子2脚とテーブル

液晶テレビ

洗面所。ドライヤーもあります。

玄関から入った直ぐのところに冷蔵庫があります。

部屋から外を見ると、ホテルの玄関が見えます。

【日本庭園1】

我々が宿泊している部屋の反対側には日本庭園があります。

値段は高くなりますが日本庭園側の部屋も選ぶことが出来ます。

3階の廊下から撮った写真です。

たくさんの鯉と白鳥が一羽います。

一階に下りてきて、お土産売り場に「鯉のエサ」が販売されています。

早速買って日本庭園に行きたいと思います。

お土産屋さんの反対側に日本庭園への入口があります。

こちらから外に出てみます。

エサを持って池の近くまで来ると、白鳥が近づいてきます。

黒鳥が2羽います。

たくさんの鯉も負けじとエサを食べています。

子供二人で均等に行きわたるようにエサを与えています。

エサを与えると、鯉と黒鳥の奪い合いになります。

大きいエサは、ほぼ黒鳥に取られてしまいます。

日本庭園側から見た「ホテル石風」

日本庭園①

角度を変えて日本庭園②

さらに角度を変えて③

小さな滝もあります。

庭園の中を走り回っている子供達

15:00〜17:00までの間、ワインの試飲が出来ます。

子供達用にはぶどうジュースも置いてあります。

陽が暮れて少し寒くなって来たのでこれから温泉に行きたいと思います。

温泉は1階にあります。

楽しみにしていた子供達は大喜びです。

【大浴場】

大浴場(公式HP)への入り口です。

こちらが男性「殿の湯」

こちらが女性の「姫の湯」殿の湯より少し下の方にある「姫の湯」

脱衣場

たくさんありますが間隔がちょっと狭そうな気がしました。

清潔感があって嬉しいです。

お風呂上り後に不要になった「使用済みのバスタオル入れ」用の籠

洗面台と奥には冷水機が常備されています。

ドライヤーが2台ありましたが風量がものすごく弱いので、髪を乾かすのに時間がかかります。

一端部屋に戻ってから乾かした方が良いかもしれません。

部屋にあるドライヤーの風量はパワーがあります。

岩をふんだんに取り入れて作ってある大浴場

こちらの大浴場とは別に露天風呂もあります。

洗い場

【夕食】

お風呂から上がった後は、夕食(公式HP)です。

お食事会場に向かいます。(バイキング形式ではありません)

大広間の入り口に部屋番号と名前が書いてあるので、自分たちでテーブルに向かいます。

右上にある、釜は十穀釜飯です。

ただし早めに火をつけないと、ご飯が出来上がるまで時間がかかるので、おかずと一緒に食べることが出来ません。

なので今回は、白ご飯を別にオーダーしました。(おひつにたくさんのご飯を入れて持ってきていただきました)

この写真以外に「てんぷら」「茶碗蒸し」「デザート」「お吸い物」がつきました。

こちらが幼児用の食事

ハンバーグをぺろりと食べていました。

こちらが小学生の夕食

ステーキは美味しかったそうです。

子供達が食べきれなかった食材は、パパとママで食べていたのでかなりお腹いっぱいになった夕食でした。

夕食の後、子供達とお土産売り場に行ってみました。

何にしようかなぁ〜

これにしようかなぁ〜

【朝食】

朝食。右上にある鍋は甲府名物「ほうとう」です。

とても美味しく頂きました。

小学生も大人と同じメニューです。

こちらが、幼児の朝食

【日本庭園2】

昨日と同じようにお土産屋さんでエサを買って、鯉や白鳥にエサやり開始です。

さっそく白鳥が近寄ってきました。

人がいると、鯉が近づいて来ます。

二人での餌やり

だいぶ慣れてきた様子です。

二人の所に白鳥が近寄ってきてくれました。

ホテルの館内から日本庭園を撮った一枚

【まとめ】

通常であれば、自宅から車で行くのですが、今回はいつもとは違った交通機関で行きたいと思い高速バスで石和温泉まで行く事にしました。子供達も高速バスに乗れることでとても喜んでいました。

このホテルへは過去に数回宿泊したことがあったのですが、夕食の懐石料理の品数の豊富さ、温泉の大浴場と露天風呂がありとてもゆっくりと過ごせるホテルだったことからリピートになってしまいました。またこちらのホテルには、日本庭園があり、とても綺麗に整備されていて池には鯉がたくさんおり、黒鳥や白鳥がいたりとても珍しいホテルなのではないかと思います。売店には鯉のエサを販売されておりエサやりが出来るのも魅力の一つだと思います。

0

コメント