熊本菊池温泉のトロトロ温泉(望月旅館)で日帰り入浴体験

旅行ブログ・レジャーブログ

2020年12月13日(日曜日)に熊本県菊池市にある菊池温泉(望月旅館)の日帰り温泉に行ってきました。

望月旅館公式HPを確認したのですが、特に日帰り温泉(立ち寄り湯)については何も記載されておらず確認の為直接電話をしてみると実施しているとのことで行くことを決定しました。

こちらの望月旅館には、《ジェットバス付き内風呂・うたせ湯付き庭園露天風呂》があり、さらに庭園露天風呂には、なんと2つの岩風呂から作られておりなんとも贅沢な設備となっていました。

沸かさず、うすめず、循環させずをモットーに「化粧の湯」と謳われる菊池温泉(望月旅館)の源泉掛け流しでリラックス効果間違いなしだと思いました。

◆菊池温泉~美人の湯~
菊池温泉は、「美肌の湯」や「化粧の湯」と形容される理由として、アルカリ性単純泉の泉質にありと言われています。
この泉質は、古い角質を落とし新陳代謝を促進しつるつる肌にしてくれ8.5PH(ペーハー)以上がアルカリ性と言われ、望月旅館の値は9.4でPH値が高く角質をとる働きが強いと言われてるようです。
(注意!!)
日帰り入浴は基本的にいつでもOKなのですが、週末によっては時間帯を制限する可能性がある為、訪問前に一度電話連絡をし確認した方が良いとのことでした。
※制限する時間帯は夕方16時~19時前後(チェックイン~夕食前の時間帯)
電話番号(0968-25-2185)

 

日帰り入浴料金
大人700円/子供500円

 

【アクセス】
(JR・バス)JR鹿児島本線熊本駅より熊本電鉄バス(公式HP)で約70分(菊池温泉下車)
(車)九州自動車道植木ICから約20分
無料駐車場あり(3カ所合わせて40台~50台)

 

スポンサーリンク

【菊池温泉・望月旅館】

車を駐車場(100メートル手前)に止めて望月旅館にきました。

 

旅館に入る前に靴を脱がなければならないのですが、日帰り入浴の場合、備え付けの下駄箱に入れるのではなく下駄箱近くにあるビニール袋(靴入れ用)の中に靴を入れ入館します。

ロビーで日帰り入浴料金(700円)を支払うと、「何度か来たことがありますか?」聞かれたので始めて来たことを伝えると、受付の方が大浴場まで親切に案内してくれました。

履いてきた靴をこちらの袋に入れ、この袋を持ったまま大浴場まで向かいます。

ロビーには琉球畳が使用され、歩く時の感触が心地良く感じました。

こちらの廊下を右に行きます。

案内してくれたスタッフの方が温泉から上がりフロントに戻るときに逆側に曲がって迷子になる方がいるので注意してくださいと教えてくださいました。

【大浴場】

廊下を右に曲がると正面に男湯ののれんが見えてきました。女性はこの左隣となります。

のれんをくぐりドアを開けると正面に下足入れがあるので、先程靴を入れたビニール袋を下足入れに入れます。

脱衣所です。

コロナ対策として脱衣籠を間引きするようなシステムにはなっていないようです。

洗面台です。

無料の貴重品入れがあるので調歩します。

少し大きめのカバンがあったのでスッポリと入るぐらい大きめのロッカーで非常に助かりました。

正面のドアを開けると内風呂、右側のドアを開けると庭園露天風呂に行くことができます。

内風呂⇔庭園露天風呂を行き来するには、こちらの場所を一度通過しなければなりません。

【内風呂】

内風呂は細長い作りになっており温泉に入るとまず温泉がトロトロしている事が分かり、肌を触るとツルツルしていることがさらに分かり入浴しただけで既に体を洗ったような肌触りになるのが直ぐにわかります。臭いはありません。

※こちらの内風呂にはジェットバスが作動しているとのことですが、現在コロナ過の為運用中止になっているようです。

内風呂の壁に「不老長寿には日本一の望月温泉から」の説明書きが書かれています。

壁の右下には、お釈迦様?の銅像があり足元からお湯が出てきていました。

洗い場とジェットバス(現在はコロナの影響で中止)

こちらのジェットバスの温泉は源泉の温度の為、48℃ぐらいあり、一筋縄には入れません。

頑張って入っても20秒ぐらいが限界で直ぐに上がってしまいました。

こちらにも洗い場があります。

ボディーソープとリンスインシャンプ―が備え付けられています。

シャワーの勢いも良くすぐに洗い流せると思います。

【庭園露天風呂】

庭園露天風呂に来てみました。

手前側に浅めの岩風呂が一つと奥側に大きめの岩風呂があるのが分かると思います。

庭園露天風呂を照らすライトが一つしか無い為に、少し暗く感じました。可能であれば奥側の露天風呂にもう一つライトを増設して頂けると良いのではないかと思いました。

奥側の岩風呂は広く作られており、温泉の温度はあまり熱くなく(内風呂よりぬるい感じです)、当方にとっては丁度よい感じの温度でした。この時期は、外がヒンヤリで温泉が暖かい為、温泉から出たり入ったりで長く入っていられるので当方にとってはとても良い温度でした。

手前側の岩風呂は、深さが20cmぐらいしかなく座って腿(もも)が隠れるぐらいの深さになっていました。

イメージとしては極端に言えば半身浴?のような感じです。

温泉の温度は比較的低いため、ぬるい温度になっていました。

※こちらの庭園露天風呂には打たせ湯が作動しているとのことですが、現在コロナ過の為運用中止になっているようです。

お風呂から上がりロビーに戻ってきました。

ロビーには「喫茶コーナー」がありますが、何を提供して頂けるのかは不明です。

喫茶コーナー横に「つめたいお水」ということで無料の温泉冷水を飲む事ができます。

【菊池温泉周遊券3枚1500円】

日本名湯百選に選ばれた菊池温泉で期限なしの温泉周遊券(3枚1組周湯券)を使いお肌つるすべ温泉が堪能でき友人や家族のシェアも可能なお得チケットが発売されています。

利用できる温泉施設は9軒(写真参照)

【まとめ】

過去に何度か菊池温泉に行ったことがありますが「化粧の湯・美肌の湯」と公表しているだけあって、温泉に浸かった瞬間から肌がスベスベになりpH9.4のアルカリ性単純泉の効果絶大だと思いました。

お風呂上りにロビーで寛いでいるとフロントの受付の方が話しかけてこられ菊池温泉について少し説明をしてくださいました。その会話の中で菊池温泉に頻繁にくるようであれば【菊池温泉周湯券(3枚で1500円)】があるとのことで勧めて頂き、また来年熊本に来る予定があったので3枚購入させていただきました。

菊池温泉は全体的に源泉が熱いため、夏には来客が少なく冬場になると来客が増えるのだそうです。過去に菊池温泉に入った経験からすると確かにおっしゃる通りだなぁと思いました。また菊池温泉の中でも西側、東側で温度が違うのだそうです。

 

 

 

0