北海道 ニュー阿寒ホテルの「天空ガーデンスパ」で楽しむ

旅行ブログ・レジャーブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらのニュー阿寒ホテルの屋上には、インフィニティエッジスパと称し、屋上から阿寒湖を一望する事が出来る温水プールがあります。

昼間は、阿寒湖全体を見渡し、遊覧船などの行き来する様子をうかがうことができ、また夜には、プール一面のイルミネーションと心地よい音楽を聴きながらまったりすることができ、天気が良ければビーチチェアに座りながらの星空を眺める事が出来るのではないかと思いました。

当日は、「天空ガーデンスパ」で楽しむ目的もあり通常よりホテルのチェックインを早めの16時頃にしました。

こちらのガーデンスパを利用する際には、湯浴み着(無料貸し出しあり)もしくは水着の着用をしなければならないのですが、自宅から一応水着は持参して来たのですが、現地で湯浴み着で問題ないと思い自宅から持ってきた水着は使用しませんでした。

天空ガーデンスパ営業時間(シャングリア館 屋上)
5:00~10:00
12:00~23:00

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


【昼の天空ガーデンスパ】

9階の脱衣所の奥に「天空ガーデンスパ」に行く通路があります。

水着を持参して来ている場合はこちらの脱衣所で水着に着替えます。

無料貸し出しの湯浴みを利用する場合は、写真右上のドアを開けると直ぐ右側のところに湯浴み着が棚に常備されています。(大人用フリーサイズ・子供用)

こちらが扉を開けた直ぐの棚に常備されている湯浴み着。こちらで湯浴み着に着替えます。

使い終わった、湯浴み着は「回収BOX」に入れます。

脱衣所を抜けて大浴場でお風呂に入ることも出来ます。

さて水着及び湯浴み着に着替えたらこの螺旋階段を上がっていきます。

螺旋階段を上がってくると写真真ん中の場所に出てきます。

こちらには、岩風呂とジェットバスとなっています。

こちらがメインの「ガーデンスパ」

女性脱衣所から螺旋階段を上がってくるとこちらに出てきます。

こちらにもジェットバスと岩風呂(茶褐色)があります。

ガーデンスパの中にビーチチェアが設置されているので、湯船に浸かりながらリラックスできます。

寝そべって正面を見ると阿寒湖とガーデンスパの水面が一体化したようにみえます。

ガーデンスパの中に入って阿寒湖側に来ると阿寒湖を臨むことが出来ます。

時々遊覧船やボートが出発していました。

ガーデンスパの湯気で前が見えなくなることがあります。

暑くなり涼みたくなったら、地上にもビーチチェアが設置されているので休むことができます。

但しこの日は、少し風があって気温が低かった事もあり誰も地上のビーチチェアで休む人はいませんでした。

ガーデンスパから遊覧船乗り場が見えます。

【夜の天空ガーデンスパ】

夜になるとまた幻想的で昼間とは違った雰囲気になっています。

ガーデンスパには常に癒し系の音楽が流れているのでリラックス効果抜群です。

曇っていなければガーデンスパに浸かりながら星空を眺めることが出来るのだと思います。

この日は、曇っていた為に残念ながら星空を眺めることはできませんでした。

さすがに夜になると阿寒湖は真っ暗で何も見えませんが全く恐怖感などはありません。

ガーデンスパ内にも照明があり、潜っても明るさがあるので全く怖くはありません。

当日、この時間帯(20時30分頃)でも子供達が騒ぎながら遊んでいました。

阿寒湖側とは反対(山側)の壁に向かってプロジェクションマッピング上映されていました。

【まとめ】

北海道に来てまさかこのようなおしゃれな「ガーデンスパ」を楽しめるとは思ってもいませんでした。

今回このホテルを予約する際に決めたきっかけの一つに「天空ガーデンスパ」のような施設がある事ことで楽しく過ごせるのではと思い予約をしたのでした。その結果、期待を裏切らないとても良い時間を過ごすことが出来ました。

このホテルでは「天空ガーデンスパ」と大浴場が繋がっているので、直ぐにどちらでも行き来できるのが大変便利でした。

我が家みたいに子供がいる家族でしたら阿寒湖周辺に宿泊するのであれば絶対にこちらのホテルに宿泊することをお勧めします。

また北海道に旅行する機会があった場合には、絶対にこちらのホテルを利用したいと思いました。

コメント