「コーポレートプログラム利用券」を使って東京ディズニーランドに安く入園

東京ディズニーリゾートブログ
スポンサーリンク

会社の福利厚生の中に「東京ディズニーリゾート コーポレートプログラム」という制度があり、契約企業が利用代金の一部を負担し、従業員や職員、その家族が東京ディズニーリゾートの対象をその差額料金で利用できる福利厚生プログラムになります。

運よく、私が通っている会社の健保組合がこの福利厚生制度に加入しており、1年に1回にはなるのですがこの制度を利用することができます。

会社が月単位で応募者を募るのですが募集人員(1ヶ月)が決まっており最悪募集人員が制限を超えた場合は抽選方式をとなっている為、必ずしもこの利用券が入手できるかは分からないので結果が来るまでは安く入園できるかどうかは分かりません。

有効期間 原則4月1日から翌年3月31日までの1年間

補助金額 500円/1000円/1500円/2000円/2500円/3000円の6種類

当社が契約している福利厚生では【大人3000円券】【子供1500円券】が利用できます。

今回の東京ディズニーランドのパークチケット代
1デーパスポート大人7500円-3000円(利用券)=4500円
1デーパスポート子供4900円-1500円(利用券)=3400円

※トータル9000円も安く「1デーパスポート」がゲットできました(大人2人+子供2人)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


【コーポレートプログラム利用券】

 

2019年4月より利用券がリニューアルし、パークチケットをオンラインで事前に購入が可能となりました。

 

 

今回事前予約としてスマートフォンによる入園方法を選んだのでスマートフォンでチケットを購入しました。
※スマートフォンの場合、専用アプリをインストールする必要あり

スマートフォン予約(クレジット決済)にするとパークへの入園、ファーストパス、ショーの抽選などをスマートフォンで出来るのでとても効率的にパーク内を行動することが可能となります。

しかしその反面スマートフォンの場合、バッテリーを気にしなければならなかったりするので予備としてモバイルバッテリーを持参していると便利だと思います。
スマートフォン予約方法(公式HP)

コーポレート利用券の予約時、利用券の見開きに「個券番号」「オンライン用コード」があるので英数字を入力する事で割引が適用されます。

ご自身が働いている職場の福利厚生に「東京ディズニーリゾート コーポレートプログラム」の制度があるかもしれないので確認してみるのも良いかもしれませんね。

私の場合も、会社の福利厚生のHPを何気に開いてみたところこのような福利厚生制度がある事を初めて知り、こんなに安く東京ディズニーリゾートに入園出来る事を知った時にはびっくりでした。

【まとめ】

この「東京ディズニーリゾートコーポレートプログラム利用券」は通年使用することが出来、好きな時に計画出来るのがとても魅力だと思います。

もちろん安くなるのも魅力的ではありますが、安くなった料金でレストランでの食事代、お土産代などに使うことが出来るので少し贅沢に東京ディズニーリゾートを楽しめる事が出来るのではと思います。

今回は、クリスマスシーズンの日曜日(12月1日)に入園しました。

ホテルに泊まってパークを満喫情報はこちらをクリック「楽天トラベル」

コメント