最新鋭機。初めて乗ったANAエアーバス321搭乗記(ANA646便)

飛行機搭乗記ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊本空港(公式HP)から羽田空港(公式HP)に戻るのにANA646便を利用したのですが、その時搭乗する飛行機がエアーバス321(ANA公式HP)(機体番号JA113A)となりました。

予約の際に搭乗機種がHPの予約サイトに表示はされているのですが、機体整備などで変更が生じる事もありえる為、どうなるのかなぁと思っていましたが、熊本空港に到着した後、展望デッキから見ると搭乗する飛行機がA321なのだなぁと確信できました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

【熊本空港】

搭乗する飛行機は、ANA646便 12時50分発です。今のところ遅延はなさそうです。

2018年10月1日からANAが導入し保安検査証に記載されるようになった搭乗順番を記載した用紙

今回私の場合グループ3(ANA公式HP)と表示されました。

グループ3の場合、座席が窓側だったりするとこのグループになるようです。

通常ANA上級会員からの搭乗開始なのでグループ1から順番に呼ばれることになります。

保安検査を通過し、搭乗ゲート4番にやってきました。

【A321】

グループ3で搭乗しこれから飛行機に乗り込みます。

A321のシート配列は3列×3列です。

この機材には、USBポートがあり飛行機の中でスマホなどの充電が可能になっています。

利用する側としてはとてもありがたい装備です。

プルダウン方式で液晶画面が下りてきます。

写真を撮った時間帯は、飛行ルートが映っていました。

この座席では、タブレットを乗せる事が出来る「タブレットホルダー」(ANA公式HP)があります。飛行機もいろんなサービスが増えてきているんだなぁと思いました。

座席にモニターが内蔵されている座席は、見かける事がありますが、自分で持参してきたタブレットを座席の部分に乗せて使用できる座席があるのは初めてしりました。

座席のシートピッチはこんな感じです。

LCCとは違ってやはり足元は広いですね。窮屈感が全くありません。

肘掛けのスイッチ類です。

テーブルを倒した状態。他の飛行機と変わりありませんね。

【熊本空港離陸】

ANA646便がプッシュバックをしているところを5分出発が早いJAL便が離陸していきました。

RWY07より離陸をしました。

熊本空港を無事に離陸しました。

【羽田空港着陸】

約1時間程すると羽田空港にまもなく着陸です。

RWY05(D滑走路)を横切りRWY34L(A滑走路)に無事着陸しました。

第2ターミナル70番スポットにブロックインしました。

南到着出口に向かう為にエスカレーターで1階に下りて行きます。

受託手荷物がある方は8番ターンテーブルのようです。

特に今回は預ける荷物がなかったのでそのまま到着出口(左側)に向かいます。

ANA646便は定刻より4分遅れで到着していたんですね。

地階まで下りて東京モノレール(公式HP)で自宅方面に帰ります。

いちばん安い国内航空券を一括検索するなら「エアトリ」

コメント