搭乗前の羽田空港散策(展望デッキ)とANA641便搭乗記

飛行機搭乗記ブログ
スポンサーリンク

2020年12月11日(金)熊本に行くためにANA641便を利用しました。

ANA641便 羽田空港(08時15分発)~阿蘇くまもと空港(10時10分着)

特典航空券利用(ローシーズン):「6000マイル」を使用

飛行機に搭乗する前に少しだけ羽田空港を散策してみました。

スポンサーリンク

【羽田空港 第2ターミナル】

飛行機の出発時間が早いので少し早めに羽田空港に来てみました。(6時20分頃)

今回のANA641便の搭乗ゲートが69番搭乗口(ANAアプリ情報)なので、東京モノレール南口改札(保安検査場C・D)から出てみました。

東京モノレール南口改札を出ると直ぐ右手に「マクドナルド」があり、ちょうど開店した直後のようでレジカウンターには、20人程の長蛇の列が出来ていました。
【マクドナルド《6:15~22:45》】

南口改札を出た左手には「エアーローソン」があり結構広めの店舗なので品揃えが豊富だと思います。
【エアーローソン《5:45~23:00》】

現在、運用停止になっている第2ターミナル国際線に関するカウンターだと思うのですが、詳細は良くわかりません。

東京モノレールB1階から出発階である2階までエスカレーターで上がります。

エレベーターの筒?の周りが綺麗な蛍光色になっていました。

エスカレーターで出発階の2階に上がってくると大きなクリスマスツリーが飾られていたので写真を撮ってみました。

マーケットプレイスにキッズスペースが設けられています。
※現在はコロナ感染防止の為閉鎖中

【展望デッキ】

久しぶりに5階の展望デッキまでやってきました。

通路の横には椅子が設けられておりゆっくり休憩が出来そうです。

【第2ターミナル展望デッキ開場時間《6:30~22:00》】

早朝6時40分前後の展望デッキです。さすがにこの時間には誰も人がいません。

数年前に増築された室内展望デッキから飛行機を眺める事ができます。

屋内だけあって四季に関係なく空調で温度管理が出来ているので快適に飛行機を見ることができると思います。さらに天気に左右されないのも魅力の一つだと思います。

写真奥側には「アミーチデルテ」というお店があり、コーヒー、軽食(パスタ、デザート各種)を食べながら飛行機の離発着を眺める事ができます。

南東の空に朝陽が昇り始めてきたので室内展望デッキから写真を撮ってみました。

そろそろ保安区域に入ろうかと思い、出発階に行こうとした時に、先ほど見たクリスマスツリーが見えてきたのでさらに写真を撮ってみました。

平日の早朝にもかかわらずたくさんの人が出発階に上ってきていてびっくりしました。

第2ターミナル南側の様子

【保安検査通過】

電光掲示板に今回搭乗するANA641便の表示が出ており、搭乗ゲートはANAアプリで見た情報と同じ69番搭乗口となっていました。

まずは保安検査を通過する前に検温があるのでスタンションで囲まれている通路を通り、ANAアプリに表示させたQRコードを読み取り機にタッチ(skip)し発行された保安検査証を受け取ります。

保安検査場手前にもソーシャルディスタンスの為、足元に適度な間隔を保つ用にマークが貼られています。

無事に保安検査場を通過し、69番搭乗口なので右手に進みます。

表示盤を見る限りだと400メートル程歩かなければならないようです。

【有料カードラウンジ】

搭乗口に向かう前に「POWER LOUNGE SOUTH」で一休みをしたいと思います。(65番搭乗口と66番搭乗口の間)
【POWER LOUNGE SOUTH】:有料ラウンジ(一部クレジット会社と提携)

こちらの有料ラウンジで1時間程時間をつぶしました。

現在は使用禁止となっているキッズスペースです。(65番搭乗口と66番搭乗口の間)

現在運用休止となっている第2ターミナル国際線ターミナル館内の様子が国内線側から見ることができました。

ガラス1枚を隔てて国際線&国内線がお互いにガラス越しに見えるようになっているようです。

ガラス1枚を隔てて国際線&国内線が見えるというのは何だか不思議な感じがします。
◆70番搭乗口~73番搭乗口◆

本来であれば2020年3月29日より国際線が運用開始(数日間のみ運用)となっていれば今頃はたくさんの人が国際線側の搭乗口にもいたのだろうと思いました。

この直線コースを真っすぐ進むと69番搭乗口付近まで行く事ができます。

【飛行機への搭乗】

出発20分前に69番搭乗口に着きました。

今回の座席は機体前方窓側だったので「Group4」となり優先搭乗案内の後、直ぐに飛行機に搭乗できました。

搭乗ゲート通過後、アルコールが設置されていますので手を消毒して飛行機に搭乗します。

エアーバス321(機体番号JA140A)

飛行機に乗り込みます。

荷物棚下部の青い光が印象的です。

この機材には個人シートモニタがついており、「ビデオ・オーディオ・e-books・ANA SKY LIVE TV」などを楽しむ事が出来ます。

168cmが座った場合のシートピッチです。(参考程度)

定刻の08:15分には全員搭乗したのでドアクローズとなりましたが、荷物の搭載に時間を要しているようでまだ出発が出来ないようです。

定刻から7分~8分遅れでプッシュバックしました。

RWY05(D滑走路)より離陸します。

離陸後、右旋回をしたので羽田空港が見えてきました。

離陸後1時間10分程で国東半島(大分空港)が眼下に見えてきました。

九州上空に入ります。

国東半島から約15分後、熊本市上空を通過し有明海に入ったところで左旋回し島原半島が綺麗に見えました。

阿蘇くまもと空港への最終進入に入ったところで山々を覆うように薄っすらと雲がかかっているのがみえてきました。

【阿蘇くまもと空港】

羽田空港を少し遅れた形で出発したものの阿蘇くまもと空港へは定刻より5分程早着出来ました。

奥側に見える黄色の飛行機はFDAで名古屋(小牧)空港に向けて出発する機体です。

搭乗橋の奥側に見える山々の中に阿蘇山が見えます。(若干噴煙を上げているのが見えます)

現在、阿蘇くまもと空港は工事中の為、仮設ターミナルでの運用となっています。

阿蘇くまもと空港には荷物受取所が2カ所あり、ANA641便は1番のターンテーブルから出て来るようです。

乗ってきたANA641の到着時間が表示されておりやはり5分早着していたようでした。

熊本市内へ向かう空港リムジンバス(公式HP)です。

【各社レンタカー】

【まとめ】

阿蘇くまもと空港は現在建て替え工事を行っており、新旅客ターミナル完成までの間、現在の仮設ターミナルの運用となるようです。(運用開始2023年春頃)

新旅客ターミナルが完成すると国内線・国際線一体型のターミナルになり利便性向上が図れるのだと思います。

 

 

0