ホテルおかだ(箱根)ランチバイキングと大浴場(湯ing+バイキing)

レストランバイキング&BBQの口コミ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は、箱根にある「ホテルおかだ」入浴セット(ランチバイキング+ホテル大浴場)プランを体験してきました。

当日、東京では37度の猛暑日ということで露天風呂に入っている時間は短くあまりお風呂を堪能する事が出来ずにちょっと残念でしたがランチバイキングは、いろんな種類の料理を堪能する事が出来たので満足でした。

このホテルのランチバイキングでは、「じぶん鍋」と称し、具材を自分で鍋の中に入れ好きな出汁を入れ自分のテーブルまで鍋を持って行き、コンロで煮て食べるというもの。

珍しさと美味しさが相まって2回「じぶん鍋」を作ってしまいました

ランチを終えた後、ホテルの温泉に行ったのですが、ランチバイキングに時間を費やしたので、入浴時間のギリギリ(15時まで)で行く形となってしまいました。その分、入浴するお客さんがいなく独り占めの温泉となりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


【ランチバイキング】

ホテルの7階に受付があるので直接エレベーターで上がります
※1階のフロントには立ち寄らなくても大丈夫です

日帰り入浴セットプラン(湯ing+バイキing)を申し込み、まずはランチバイキング会場へ行きます。

料金:大人3570円税込み(当時3150円)、子供1650円税込み(当時1500円)
ランチバイキング時間:(11時30分から14時30分)
入浴時間:(10時30分から15時)

※もう一つ日帰り入浴セットプランもあります(ランチバイキング+湯の里のんびりセット)

受付を済ませ、入口に入ると目に入ってくるのが「じぶん鍋」

読んで字のごとく、オリジナルの鍋を作ることが出来ます。

壁にパネルが貼ってあり、作り方が書いてあるので初めての人でも簡単に作ることが出来ます。

具材は8種類あり好きな食材を鍋に入れていきます。

具材は全部入れた方がバランス良く美味しく頂けると思います。

こちらが「じぶん鍋」の鍋つゆです。

3種類あります(醤油、味噌、塩)

鍋に具材を入れ、テーブルに持って行き、チャッカマンを使い、ロウに火をつけます。

しばらく待ったら出来上がり

一度食べるとやみつきになる美味しさ

つゆがとても美味しくリピータになってしまいそうです

中央にプレート、ナイフ、フォーク、箸などが置いてあります。

こちらはパンコーナー

写真には写っていませんがオーブン(2台)もちゃんと設置されていました。パン(4種類)

寿司コーナー(3種類)

こちらは蕎麦コーナー

ゴーヤかき揚げを蕎麦の上に乗せて食べる蕎麦はとても美味しかったです。子供が気に入ったようでお替りをしていました。

こちらはサラダコーナー。ドレッシングの種類は6種類ありました。

こちらでは、シェフが焼上げる鉄板焼き

シェフがいるときに、注文に行くと出来上がったら「座っているテーブルまでお持ちします」ということで待っていたのですが一向に持ってきて頂けず結局食べることが出来ませんでした。

実際に頂いていないので写真がないのですが、ステーキなのではないかなぁと思います。

ドリンクコーナー

ホットコーヒー

デザートコーナー

メイン料理で結構お腹いっぱいでしたが、デザートは別腹ということでデザートを頂きました

ケーキは甘すぎにちょうど良かったです。

抹茶ケーキもあり、抹茶の苦みが癖になりそうでした。

夏なのに「おしるこ」がありました(季節外れ?)

餅がたくさん入っており季節外れの「おしるこ」を頂くことが出来ました。

アイスコーナー

6種類ありましたが、残り少なくなっていました。

【日帰り温泉】

7階(ランチバイキング)から8階(大浴場)に上がってきました。

大浴場に向かう途中、足湯がありました。

思った以上に広々とした足湯がありました。猛暑日ということもあり、誰もいませんでした。

足湯の横には、麦わら帽子が置いてありました。

炎天下で熱中症になるのを防ぐ為なのでしょうか。ホテル側の気遣いにうれしいものです。

足湯を通り過ぎると大浴場の入口に到着します。

日帰り入浴時間(10時30分から15時)

ランチバイキングを堪能していたので、入浴する時間が短くなってしましました。

15時まで残り45分程。

受付でタオル(フェイスタオル、バスタオル)が入った袋を受け取ります。

入浴が終わった後は、袋に入れて受付に返却しなければなりません。

下駄箱にはスリッパの番号札がありました。

日帰り入浴には関係ないのですが、ホテルに宿泊されている方が自分で履いてきたスリッパを間違えないように(人のスリッパを履いていかないように)考えられたルール。

こういった配慮あるホテルは、お客としては嬉しいものです。

フットマッサージャー

脱衣所

とても広々としており脱衣カゴがたくさんありました。

鍵付きロッカー

お金を入れなくていいところが便利です。

こことは別にもロッカーがあったので、ロッカーの数もたくさんあります。

日帰り温泉の場合、鍵付きロッカーがあると重宝します。

お風呂上がりの冷水は、ありがたいです。

洗面台

大浴場

洗い場がたくさんあり写真に写っていない左側にも洗い場があるので、およそ30近くの洗い場があるのではないでしょうか。混雑時には助かります。

露天風呂

こちらも広々としていてゆったりと浸かることが出来ます。

木々の間から見下ろすと川が流れているのが分かります。

湯量がとても多いです。

お風呂上りにこちらで休憩することが出来ます。

【まとめ】

箱根でバイキングと温泉がセットになったプランを探していると「ホテルおかだ」がヒットしました。

こちらのホテルの日帰り温泉には2つのぷらんがあり【湯ing&バイキing】【ランチバイキング&湯の里のんびりセット】があります。

今回は【湯ing&バイキing】のプランにしてみました。

ランチバイキングは、料理の品数が多く、私の中で気に入っているのが「自分鍋」
材料と出汁を自分の好みで鍋の中に入れ自分のテーブルで熱々を食べる事ができるというもの。

温泉は、非常によかったのですが、夏のとても暑い日であんまり長く湯船に浸かっていることが出来ない状態であまり温泉を堪能することができませんでした。
露天風呂では、木々がたくさんあったので紅葉の時期に行くとまた違った景色が見れて良いのかもしれないと思いました。

宿泊の予約は「楽天トラベル」でチェック

コメント