朝から100種類以上の料理を提供してくれるモーニングブッフェ(グランドニッコー東京ベイ 舞浜)

レストランバイキング&BBQの口コミ

子供の誕生日のお祝いにグランドニッコー東京ベイ舞浜の館内にある「ル・ジャルダン」の朝食バイキングに行ってきました。

こちらのホテルは2020年の5月に開業する予定だったホテルなのですが(旧東京ベイ舞浜リゾートホテル クラブリゾート)新型コロナウィルスの影響を受け、開業が遅れ結果2020年7月1日よりオープンしたホテルとなります。

そこで今回訪れた「ル・ジャルダン」のレストランは開業当時から朝食はプレミアムアメリカンブレックファースト(卵料理・肉料理の選択)もしくは和定食の2種類から選びスタッフの方が運んでくれる提供方法になっておりブッフェ形式についてはオープン当初のみ短期間実施されているようでした。(現地スタッフ聞き取り)

宿泊はしなくてもホテルでゆっくり朝食を楽しみたい方や、パークへ行く前にエネルギーをチャージしたいという方におすすめです。
駐車場は朝6時~23時まで無料の為、車をとめてそのままパークへ!
【1日駐車場無料特典付き】
100種類を超えるメニューとともに朝から贅沢な時間をぜひお楽しみください。
(公式HP引用)《2021年6月18日時点》

【ホテルまでのアクセス】

《車利用の場合》
東京方面からは首都高速湾岸線「葛西ランプ」より約7分
千葉方面からは首都高速湾岸線「浦安ランプ」より約10分

駐車場代(レストラン利用の場合)
3時間まで無料(3時間以降は30分毎に300円が加算)

《電車利用の場合》
JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」南口より
ディズニーリゾートクルーザー(無料シャトルバス)で約7分。
②ベイサイド・ステーション(ディズニーリゾートライン)まで行きディズニーリゾートクルーザーに乗車(無料シャトルバス)

《リムジンバス利用の場合》
羽田空港・成田空港からの直通リムジンバス運行

【ル・ジャルダン】
利用時間 07:00~10:30(ラストオーダー10:00)
大人3,630円/(9才~12才)2,420円/(4才~8才)1,820円
消費税・サービス料込
※ソフトドリンクバー付き
スポンサーリンク

【グランドニッコー東京 舞浜】


モーニングブッフェを食べるために朝8時前に到着しました。

今回は特別プランで予約をしたので朝6時~23時まで駐車場代が無料になるのでゆっくりと時間を気にせずに安心して駐車する事ができます。
通常:レストラン利用時は3時間まで無料

ホテル敷地内屋外平面駐車場(319台収容)

日曜日でしたが比較的余裕で駐車することができました。

現在工事中の東京ディズニーシー内に出来る新ディズニーホテル、左から走行してくるディズニーリゾートライン、奥に見える「美女と野獣」のお城が3階から見えました。

1階正面玄関前(バス乗り場/タクシー乗り場)

こちらのバス乗り場からは、JR舞浜駅/ベイサイドステーションへ行く事ができます。
※ディズニーリゾートクルーザー(無料シャトルバス)

レストラン(ル・ジャルダン)は3階になる為、左奥に見えるエスカレーターを使います。

3階は車寄せになっており宿泊する方など荷物がある場合はこちらに直接来た方が便利だと思います。

こちらの3階正面玄関より館内に入るのですが、まずは玄関入口で手指のアルコール消毒をしホテル館内では検温も実施しなければなりません。

3階からは、シェラトン・ホテルオークラ・トイ・ストーリホテル(建築中)・ヒルトンが見えます。※トイ・ストーリホテルは2021年度に完成予定

こちらのモーニングブッフェは新型コロナウィルスの影響を受け『グランドニッコー東京 舞浜』がオープンして短期間のみモーニングブッフェを実施していたそうですが緊急事態宣言が発せられた後は、セットメニューで対応しており今回数か月ぶりにブッフェ形式になったようです。

こちらのブッフェは朝食にも関わらず100種類以上の料理が提供されるようで朝からいろんな料理をたくさん食べられるようで楽しみです。


館内吹き抜けの真ん中にそびえ立つこのホテルのシンボルGazebo(ガゼボ)

『グランドニッコー東京 舞浜』になる前の『旧東京ベイ舞浜リゾートホテル クラブリゾート』時代にも吹き抜け天井真ん中からピンク色と白色の布?みたいなのが垂れ下がっていました。

こちらのホテルは9階層吹き抜けになっておりこの開放感が個人的にはとても好きです。

【ル・ジャルダン】

この開放感の中にレストラン(ル・ジャルダン)があり天井から降り注ぐ光が水面に当たりとても綺麗に映えます。

朝8時頃に到着し混雑しているかと思っていましたが全く混雑しておらず、スムーズに入店することができました。(一応予約は8時30分だったのですが問題なく直ぐに入店することができました)

宿泊者ではない場合、料金は前払いとのことで前方にある建物の中で支払いをしなければなりません。この時に駐車券も提出し特別プランの対応をして頂きました。(6時~23時駐車場無料)

レストランに入店する前にも手指のアルコール消毒を行います。

スタッフの方にテーブルまで案内して頂くのですが、歩く途中、提供料理エリアの説明を行って下さいました。(コロナ感染防止策としてのビニール手袋の着用についても説明あり)

コロナ対策の一環だと思うのですが、4人にも関わらず少し広めの6人用テーブルに案内して頂きました。

テーブルの真ん中にあるピンク色のカードは「食事中」を表すカードになっており食事後は(退店時)は入り口まで持っていかなければなりません。

案内して頂いたテーブルから見た店内の様子

大きな窓からはヒルトンホテルや東京湾が見えて眺めの良い場所でした。

早速料理を取りに行くのですが、料理を取る際には必ずビニール手袋を着用しトングを使わなければなりません。

【和食エリア】

こちらのエリアは和食メインの料理が並んでいます。

小鉢各種(焼き茄子、もずく酢、もろこし豆腐)

小鉢各種(あさりの生姜煮、蓮根きんぴら、インゲン胡麻和え、和風玉子サラダ)

イカ焼き、じゃこ天、さつまあげ

大根そぼろ餡かけ(写真左)、豚生姜焼き(写真真中)、とうもろこし(写真右側)

感染対策の為に各料理は蓋がしてありました。

お椀に入ったざるそば(感染対策としてお椀にラップがされていました)

壺の中に入っている「そばつゆ」は自分の好みで入れなければなりません。

具だくさんの豚汁(人気があるようで量が少なくなっていました)

納豆、ひじき煮、いかの塩辛、魚そうめんと温泉玉子

だし巻き玉子

アップしている写真以外にも次の料理がありました。
「揚げ鶏甘酢餡かけ」・「鳥の八幡巻」・「だし巻き玉子」・「さわらの西京焼」・「さけの塩焼」・「牛すじ煮込み」・「筑前煮」・「湯葉と豆乳の温奴」

【洋食エリア】

こちらのエリアは洋食メインの料理が並んでいます。

カニ入り焼売

写真には写っていませんが「黒豚入り焼売」・「スチーム野菜」・「ハッシュドポテト」・「コーンとインゲンのバターソテー」・「ポーチドエッグのコンソメ仕立て」・「ソーセージ」・「ベーコン」などもありました。

焼きたてワッフル(はちみつ、メープルシロップ、ホイップクリーム)を添えて

デニッシュ各種(キャラメルナッツデニッシュ、オレンジマーマレードデニッシュ、パン・オ・ショコラ)

パン各種(くるみパン、アップルパイ、クロワッサン、食パン、ブレットブルトン、クーペ)

マフィン各種(プレーンマフィン、バナナマフィン、アールグレイマフィン)

シリアル各種(コーンフレーク、フルーツグラノーラ、オールブラン、玄米フレーク、チョコクリスピー、ライスクリスピー)

野菜のカレー(カレーは好きなので朝からのカレーもがっつり食べます)

野菜のピクルス、ワカサギのエスカベッシュ、シーフードマリネ、豚しゃぶ、チーズ盛り合わせ


上段(ミックスベジタブルサラダ、カリフラワー&ブロッコリー、カラフルトマト)
下段(ミックスレタス、かぼちゃサラダ、ポテトサラダ)
ドレッシング(サウザン、和風)

【パフォーマンスキッチン】

シェフが目の前で料理をしてくれる「パフォーマンスキッチン」
※こちらでは3品目の料理を提供してくれます。

1品目目:焼きたてハンバーガー

2つ注文をしました。

注文が入ると鉄板の上にパンを乗せ(上部、下部)、ハンバーグを焼き、片面のパンの上に野菜、さらに特製オーロラソースをかけて仕上げてくれます。

出来上がったハンバーガーを三角の紙袋に入れて手渡してくれます。

市販で売られているハンバーガーより少しコンパクト目の大きさの為、1つ食べるとお腹一杯という感じにはなりませんでした。

パンを焼いてあるのでパンはカリっとしており、野菜の食感と肉汁が出てくるハンバーグと特製ソースがマッチングしていてとても美味しく頂けました。

2品目目:オムレツ


プレーンオムレツにするか、2種類の具材(チーズ、野菜)から選びます。

今回は、チーズと野菜を入れて作って頂きました。

2分程待っていると出来上がりました。


ケチャップをかけてみました。(ふわふわしたオムレツの中に入っている野菜の食感が美味でした)


3品目目:おにぎり


鮭おにぎりを2つ注文しました。

注文するとその場でおにぎりを握ってくれます。


おにぎりに入れる具材は3種類(鮭、明太子、梅)の中から選ぶことができます。

今回は鮭おにぎりを2つ注文しました。


具だくさんの鮭が入っている鮭おにぎり(九州の有明海で収穫された海苔を使い巻いて頂いているとの事)

【キッズブッフェコーナー】

子供用にテーブルの高さが低く設定されており小さな子供であっても簡単に料理を取る事ができます。(ヤクルト、ロースハム、ソーセージ、フライドポテト、メロンパン、ミートソーススパゲティ、ミニパンケーキ、どうぶつゼリー)

子供向けの料理もたくさんあり料理自体も少し小さめなのでいろんな種類の料理を食べれるのではないかと思いました。


子供が大好きなフライドポテト(何度もお替りに行っていました)

【ドリンクコーナー】


洋食エリアにあるドリンクコーナー(和食エリアにも別にドリンクコーナーがあります)

ソフトドリンクサーバーの他、牛乳、オレンジジュース、アップルジュース、トマトジュース、アップルビネガードリンク、レモネード、青汁がありました。


同じく洋食エリアにあるコーヒーサーバー(ホットコーヒー、ココア、カフェラテ、エスプレッソ、カプチーノ)とティ各種(紅茶、煎茶)


アイスクリーム(自分でカップの中にソフトクリームを注ぎ込みます)


和食エリアにあるドリンクコーナー


アイスコーヒー(注ぎ口の部分が上下に動くので液体の飛び散りがなく進化していました)


紅茶のティパックも数種類あるのでいろんな味を飲むことができます。


カップにお湯を注ぎ込むのですが、こちらは注ぎ口とカップまでの距離がある為にお湯が飛び散るので少し危険だと感じました。(やけどに注意)


ホイップを添えた焼きたてワッフルとフルーツ各種を取ってきました。


妻の一回目は和食を主体に取って来たようです。


和食エリアから取ってきた料理

【デザートコーナー】


デザート各種(なめらかプリン、ラズベリーケーキ、チョコレートケーキ、シューアラクレーム、ピーチタルト)

朝食バイキングであってもケーキ各種があるのは嬉しいです。

全てのデザートをゲットしました。


あっという間に時間が過ぎてしまい営業終了時間となってしまったので引きあげる事にしました。

今回ブログで紹介出来ていない料理の数々をYouTubeにアップしているのでよろしければこちらもご覧ください。

【まとめ】

当初、子供の誕生日祝いとしてこちらのホテルのランチ(オーダー形式ブッフェ)を計画していたのですが、ある日こちらのホテルのHPを開いてみたところ、朝食ブッフェが開催されることを知り家族と相談した結果、急遽ランチ→モーニングに変更する事にしたのでした。

こちらのホテルのモーニングブッフェは、朝食にも関わらず料理の品数がなんと100種類以上と驚愕の品数だと思いました。他のホテルのランチやディナーであってもそう簡単にこの種類の品数を提供しているホテルはないのではないかと思います。

実際、現場に行き朝食でこんな料理を提供してくれているんだという料理がたくさんあったのですが、流石にそんなにたくさん食べれるわけもなく目で楽しませて頂いて終了といった感じではありました(笑)

さらにシェフが目の前で料理してくれる「パフォーマンスキッチン」も朝食でやってくれているのが非常にありがたいと思いました。他のホテルでは、パンケーキやオムレツといったライブキッチンはありますが、こちらのホテルではそれに加え「焼きたてハンバーガー」や「おにぎり」といった他のホテルではみたことがない料理を提供してくるのはインパクトがあると思いました。

誕生日であった本人もこちらのブッフェはとても良かったのでもう一度行きたいと言っていたので子供にとっても印象的なホテル、ブッフェだったのではないかと感じました。