東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート「ジ・アトリウム」でランチバイキング

レストランバイキング&BBQの口コミ
スポンサーリンク

2020年4月29日をもって「東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート」の営業は終了しました。

再び2020年7月1日より「グランドニッコ東京ベイ舞浜」として開業しました。

「旧ジ・アトリウム」→「ルジャルダン」で営業再開

当ブログについては「旧ジ・アトリウム」の内容を記載しております。


東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルである「東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート」のランチバイキングに行ってきました。

ホテル1階にある「ジ・アトリウム」では11時30分~15時00までランチバイキングが開催されています。

料金は4歳から6歳まで1380円、7歳から12歳まで2250円、平日大人3000円(土日3500円)となっています。

駐車場代は3時間まで無料になります。

今回、ぐるなびのクーポンを利用し、大人一人500円引きで利用することができました。また事前に11時30分からの予約をしていたこともありスムーズに座席に案内していただきました。(2017年5月利用)

スポンサーリンク

【東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート】

11時過ぎに駐車場に着いたのですが、車はたくさんいたものの止めれないという状況ではありませんでした。

駐車場から撮った「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」

車を降りて歩いていると、後方からディズニーリゾートライン「ニモ&フレンズ・ライナー」が通過して行きました。すかさず写真を一枚撮りました。

子供達もまさか見る事が出来ないと思っていたのでびっくりしていました。見てしまうとやはり乗りたくなるのが心情です。

【東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート内の様子】

3階に上がってきて、正面玄関からホテル内に入ると開放感溢れる吹き抜けの館内

天井が高く広々とした空間となっています。

ホテル内には、太陽の光が差し込みとても明るく自然な感じの空間が漂っています。

水と木と南国風の屋根瓦がリゾート感満載のホテルです。

【ダイニングスクエア・ジ・アトリウム】

こちらが今回利用する「ジ・アトリウム」のレストラン正面入り口です。

レストランに着いた時は、まだ11時30分前だったので、トイレに行ったりと時間を過ごし、店内の案内が始まった時には、10数組の方達が受付を開始されており、まずは予約をしている方達から優先的に案内されていました。

残念ながら予約なしの方達は、予約された方達が終了したのちの案内となっていました。

レストラン入口前には綺麗な花が咲いています。

レストラン内には、大勢収容できるようにテーブル席がたくさんあります。

こちらは、かなり重厚な作りのソファー席。

何か特別な方達が座るソファー席なのでしょうか?

スタッフの方に案内されたテーブル席

東京湾が一望できる窓側の席を案内して頂きました。

【ランチバイキング・スタート】

訪問した当日、四季の旬感バイキング ~春~『しあわせぐるめ四国フェア』開催中でした。

食材を通して四国に行った気分が味わえます。

讃岐うどんがあり、麺にこしがありとても美味しく頂くことができました。

子供達はお替りで2回食べていました。

こちらがライブキッチン「ローストビーフ」「握り寿司」「天ぷら」を提供してくれます

ローストビーフは2回食べした。

レストランがオープンしてまだ早い時間帯だったのでそれほど混雑感はありませんでしたがやはりお昼を過ぎるあたりから、ライブキッチンでは、やや混み始めていました。

早い時間帯に行くのが狙い目ですね。

こちらが子供コーナー

から揚げ、フライドポテト、ハンバーグ、ソフトクリーム、ヤクルト、コーンスープなどがありました。

子供達が料理を取りやすいように少しテーブルの高さが低く作られており子供たちへの配慮が伺えます。

こちらはドリンクコーナー

バイキング代に含まれているので追加料金は発生しません。

【まとめ・感想】

数年前からこの「東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾート」のバイキングレストランは利用しておりましたが、一時期改装工事が入り、このレストラン名に代わってからは初めての訪問となりました。

レストラン内はテーブル席がたくさんあり混雑時でもあまり待たされずに案内して頂けるのではないかなぁと思いました。昔行った改装前のレストランの時より座席数が増えたような気がしました。

行った当日は、それほどお客さんはいなかったのですが、混雑時には、同じ料理を提供するカウンターがもう一つあり、そちらでも料理を提供するようなシステムなのではないかなぁと推測しました。

今回訪問時は、四国フェアーが開催されておりましたが、また時期がずれるといろんなイベント、フェアーを開催しているのではないかと思いました。定期的にイベントを開催してくれるとユーザー側は楽しみが増えるのでないかと思います。

またいろんなイベント開催をHPで検索し訪問してみたいと思います。

宿泊の予約は「楽天トラベル」でチェック一休.com【ブッフェ特集】をチェック

0

コメント