JR新浦安駅直結で便利な「オリエンタルホテル東京ベイ」の【グランデ6】に宿泊

ホテル宿泊記の口コミ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年7月25日から2017年7月27日までの2泊3日でオリエンタルホテル東京ベイに宿泊しました。

今回の宿泊の目的は、東京ディズニーリゾート(公式HP)を夜遅くまで満喫したい為、安価で近端な場所をと思い予約をしてみました。ホテルから東京ディズニーリゾートまでは、直通バス(パークまで約15分)が頻繁に出発しておりとても便利でした。

今回はスタンダード「グランデ6」を予約しました。この部屋は6人までが宿泊でき、部屋の中には2段ベットが2台配置され、その他に通常のベットが2台あります。部屋の広さは42平米あり家族4人には贅沢な間取りでした。

今回、自宅を朝早く出発し6時過ぎにホテルに到着後、仮チェックインをしシャトルバスで東京ディズニーランドに向かうことにしました。ここのホテルからは「JR新浦安駅」に直結しているので場合によっては、JRでも東京ディズニーランド「JR舞浜駅」に行く選択肢があると思います。

【アクセス】

電車:JR京葉線「新浦安駅」に直結しており東京駅まで17分、東京ディズニーリゾート®のあるJR舞浜駅まで1駅3分
リムジンバス:羽田空港から約40分、成田空港から約60分
車:首都高速湾岸線「浦安ランプ」より約4分 東関東自動車道「湾岸市川IC」より約15分
駐車場代:宿泊利用の場合:1泊:2500円、2泊:3500円、3泊:4500円、4泊以降:5500円 
レストラン利用の場合:2000円以上利用で2時間半無料

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク


【オリエンタルホテル東京ベイ】

2階にオリエンタルホテル東京ベイの入口があります。

「JR新浦安駅」と屋根付きの歩道橋(雨が降っても濡れずに渡れます)でつながっているのでJRを利用してくることも可能です。

東京ディズニーリゾートに行くので朝6時過ぎにホテルに到着し、2階にあるフロントで仮チェックインをすることにしました。

荷物がある場合はベルデスクで預けることも出来ます。

18時以降に戻ってくる場合、預けた荷物は部屋に運んでくれるそうなので直接部屋に向かうことが可能となります。

※カードキーも仮チェックインの時にもらっておきます。

フロントの後方にある噴水

おしゃれですね。

2階にはバーラウンジ「ブローニュの森」(公式HP)があります。

チェペルもあります。

フロントの近くにあるので機会があれば見れるかもしれませんね。

エレベータは、4基あります。

東京ディズニーリゾートから帰ってきたシャトルバス(公式HP)が到着した後は、結構混雑していました。

【スタンダード・グランデ6】

今回宿泊するスタンダード「グランデ6」(公式HP)です(7階)

仮チェックインで頂いていたカードキーをかざすと解除されドアが開きます。

このカードキーは部屋の主電源も兼ねているのでドアを開けた左横のカード差し込み口に入れなければなりません。

玄関を開けるとスリッパ入れがあります。

この部屋は土足禁止なので玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替えます。

靴が脱げるのでリラックス出来ます。

電気ポットとコップ

お茶のティーパックはありますが、残念ながらコーヒーはありませんでした。

ちょっと散らかっていますが、一番奥に幅120cmのベットがあり、部屋の中央にはソファとテーブル、椅子が2脚あります。

玄関入って手前側にも幅120cmのベットがあります。

壁には42インチの液晶テレビが設置されています。

こちらが玄関入ってすぐにある2段ベット

玄関奥にも2段ベットがあります。

子供達は当然一番上のベットを選びました。

中央の階段から登ることが出来ます。

中央の階段は、引き出しになっておりパジャマが入っています

リビングスペース。コンビニで買ってきたお菓子や、パン、飲み物などを食べたりもしました。

あと家族全員でカードゲームをやったり。

客室で「wifi」を利用することができます(無料)

洗面台

ドライヤーの風量は強いのですが、温風と冷風が交互に自動で切り替わり、なかなか髪の毛が乾きませんでした。

浴槽
トイレと浴槽が別々で、しかも洗い場がとても広く作ってあるので、子供達とお風呂に入っても窮屈感は全くありませんでした。

浴槽の入口には、子供が座ることが出来るようにステップ(段差)が設けてあります。

浴槽にお湯をためて東京ディズニーリゾートで疲れた体を癒してくれます。

足を延ばせて入れるのはポイントが高いです。とても気持ち良かったです。

残念ながらこちらのホテルには大浴場はありません。

ウォシュレット付きトイレ

加湿機能付き空気洗浄機

フットマッサージャー

東京ディズニーリゾートで疲れた足の裏、ふくらはぎをマッサージしてくれます。

我が家にはとても重宝しました。

東京ディズニーリゾートから帰ってくると夫婦で交互に使って、足の疲れを癒してました。

最高のアイテムだと思いました!!

部屋(7階)から見た外の風景

ホテルのすぐ横には「JR新浦安駅」があります。

右下に見えるのが「JR新浦安駅」から繋がっている歩道橋

屋根付きなので雨が降っても安心して行き来できます。

このバスがホテルと東京ディズニーリゾートを結ぶシャトルバス(公式HP)

朝一番のホテル発は7時となっています。

2枚のプレート
①左側のプレートは連泊の際に、ベットメーキングを行うか否かのプレート
(ベットメーキングが不要な場合、ベットの枕付近に提示する必要があります)

②右側のプレートは「ノンストップチェックアウト」用のプレート
(仮チェックインの時にクレジットで事前清算を行っており、それ以降、ホテル内での出費がない場合、チェックアウト手続きを行わずにチェックアウトが出来るというシステム)

このプレートを使う場合、カードキーをリビングスペースのテーブルの上に置き、右側のプレートを外のドアノブに引っ掛けておけばいいというもの。

【朝食バイキング・グランサンク】

洋食レストラン「グランサンク」(公式HP)

06時30分から10時までモーニングを利用できます。

我が家は、東京ディスニーリゾートに行かない最終日だけ利用しました。

このレストランではキッズルームが併設されています。

早く食べ終わった子供達がキッズルームで遊びその間、親はゆっくり食事ができるので便利だと思いました。

レストラン内にはキッズルームの様子を見ることが出来るモニターが6台設置されています

なので食事をしているテーブルから子供の様子を伺うことが出来て親としては安心ですね。

よく考えて作られているレストランだなぁと感心しました。

ドリンクサーバー

入り口側と奥側に1基づつ設置されています。

混みあう時間帯に分散できるのでありがたいです。

ウインナー、ハンバーグ、ポテトフライなどがあります。

目の前でシェフが作ってくれるキャラメルフレンチトースト

そんなに甘くなく、食感はふんわりとしていてとても美味しく頂けました

クロワッサン、バターロール、レーズンブレッドがあります。

ごはん、納豆、漬物、ふりかけ、海苔などがあります。

筍土佐煮、切り干し大根

コーンフレーク、チョコフレーク、フルーツグラノーラ

トマトジュース、オレンジジュース、ミルク、リンゴ酢レモンミックスなどがあります。

食事を終えてレストランから出る際に、テーブル番号を返却BOXに入れます。

2階フロント横には「ディズニーショップ」(公式HP)があります。

8時~22時までオープン

2階と12階には、コインランドリーがあります。

この写真は2階のコインランドリーです。

インターネットが閲覧できる有料パソコンが設置されています。

地下駐車場からホテルへの出入り口

駐車場事前清算機

B1F、B2Fに駐車場があります。

料金は1泊2500円/2泊3500円/3泊4500円

チェックイン日の12時からチェックアウト日の12時までの料金が1泊分です。

今回は、仮チェックインをする為に、6時過ぎに入庫したので6時過ぎから12時までの駐車場代が発生しています。1時間400円

【まとめ】

当初こちらのホテルは予約しておらず、ディズニーオフィシャルホテルを予約していました。

しかし、少し値段が高めという事もあり、宿泊3日前にふとHPで各ホテルの空き状況、値段を検索していたところ、オリエンタルホテル東京ベイで直前割のサイトが出ており即決で予約しました。なのでオフィシャルホテルはキャンセルしたのでした。

今回予約した「グランデ6」という部屋は、2段ベットが2組入っており(4人分)、それに加えツインベットが備え付けられている仕組みとなっています。本来6人まで滞在できる部屋なのですが、この部屋を今回4人で利用することになりました。子供達はそれぞれ2段ベットの上側の占領することになったので、2段ベットの下段は誰も使用しませんでした。

このホテルから東京ディズニーリゾートまでは、10分おきにシャトルバスが運行されているのですが、始発が7:00からなので、少し早めに東京ディズニーリゾートに行きたい場合は、JRを利用して行くのが無難かもしれません。なので1日目は早めのチェックインをしてJRで舞浜駅まで行くことにしました。

 

宿泊の予約は「楽天トラベル」でチェック

コメント